FXは景気動向で決まる!情報を分析して儲ける

景気がどうかのアンケート景気動向を表す指数。

これからの景気を占うさまざまな経済指標。

ダイレクトに景気動向を表す経済指標に、景気動向指数(景況感指数)があります。

これは消費者や企業の担当者、アナリストなどに景気のアンケートを行い、結果を指数でまとめたものです。

多くは指数の中央値より大きければ景気がよくなっていること、逆に小さければ景気が悪くなっていることを表します。

住宅ローン申請件数や住宅販売件数などが材料視されることもあります。

家は人生最大の買い物というほど高価なものなので、たくさん家が建つならば景気がいいと判断できるのです。

また、家ができ、新しい生活がはじまると、車や家具、生活必需品などの需要も高まると考えられます。

個人の消費動向という意味では、小売売上高もチェックしたいところです。

多くの国では、GDPの6割~7割を個人消費が支えています。

この個人消費が堅調か否かで、ひいては雇用やGDPの動向が見えてくるというわけです。

前述の雇用統計やGDPほどではありませんが、サプライズがあると為替レートが動く傾向にあります

コメントは受け付けていません。